年齢肌を意識したクレンジングの選び方や注目のポイントを再確認

年齢肌を感じてくる人は、個人差がありますが、30代ではまだ少なく、40代に入る頃あたりには年齢肌を感じる人が多いと言います。

 

そんな年齢肌を感じたら、まずはクレンジングを意識する必要があります。
若かった20代や30代のようにオイルクレンジングでがっつりメイクを落とすとともに皮脂が落ちてしまうということは避けたいところです。

 

潤いを残しつつ、クレンジングがしっかり出来るものを選びたいものです。

 

 

 

・テスクチャと洗浄力で選ぶこと

 

まず、年齢肌を解決するためにはクレンジングがキモとなります。
テスクチャ、洗浄力でクレンジングは選びましょう。
クリームタイプ、ミルクタイプやジェルタイプ、リキッドなど色々なタイプがありますが、最も優しいクレンジングタイプとしてはミルクタイプがあります。

 

アイメイクやリップはポイントリムーバーで先に落としておき、ベースメイクのみをクレンジングで落とすという術を身に着けておきましょう。
アイメイクもリップも一緒にがっつり落とす、というのは年齢肌には似合いません。

 

 

・オイルタイプは刺激が強い

 

またオイルタイプのクレンジングを続けてきた人には、ミルクやクリームタイプでは落ちが悪い、と感じる人も多いでしょう。
肌をこすってしまってはいけませんから、オイルも厚みのあるものや滑りよいものが良いのですが、なかなかそう都合の良いオイルクレンジングはありません。
また洗浄力が非常に強いので、するっとメイクは落ちますが、必要な皮脂まで取ってしまいます。

 

そんな時、やっぱりオイルクレンジングが良いという場合はアテニアのスキンクリアクレンズオイルをオススメします。
滑りがよく、メイクとよく馴染むので、こすらずともメイクを落とすことが出来ます。

 

クオリティの高いクレンジングを選ぶのも年齢肌のクレンジングの選び方のポイントとしてあります。
クオリティが高く、洗浄力がよく、かつ突っ張らず潤いを残してくれるクレンジングが最適です。
アテニアのスキンクリアクレンズオイルを一度試してみると良いでしょう。
美容オイルが4種も入った贅沢なオイルクレンジングです。
洗浄力は強いのに潤いを残してくれるという良質なオイルです。